ビデオウィンブルドン2017:マテックサンズの外傷がメアリーピエルスの閃光を取り戻す



ダブルス世界1位のベサニーマテックサンズは、シングルスのワイルドカードとしてウィンブルドン2017に出場しました。パートナーのルーシーサファロワとのダブルスでトップシードを獲得しました。この2つは「ビュシー」として親しまれています。マテックサンズは、マグダリネッテにインスピレーションを得てラウンドワンで勝利し、思いもよらないことが起こったとき、ルーマニアのソラナチルステアと対戦しました。

テニスだけでなく、スポーツで見た中で最悪の転倒の1つをとったマテック・サンズは、次の10秒で相手のチルステアがネットを飛び越えたとき、膝をつかんで苦しみながらコートに横になりました。

Mattek-Sandsは、30秒以内に治療を受け、約1分後に救急車が彼女を離陸させました。しかし、明らかにこの時点までに目がくらむような痛みで、アメリカのエースは救急救命士によって担架に移されたときに苦労しました。

3人のラケットボール

多くの人がかなり一般的なスポーツ傷害であると信じています– ACLの断裂、彼女の傷害は検査ではるかに深刻に見えます。彼女の膝蓋骨は完全に脱臼しているように見え、膝蓋骨と脛骨をつなぐ膝蓋腱が破裂した可能性が非常に高いです。

ACL損傷(ACLは前十字靭帯の略)は、それ自体で十分な痛みを伴います。 ACLは、膝蓋骨の両側で大腿骨を脛骨に接続する重要な靭帯の1つです。

専門家は、マテックサンズの膝の脱臼がACLを完全に切断した可能性があると主張しており、膝を安定させて回転させるのに役立つMCLまたは内側側副靭帯を損傷しました。

マテックサンズの陣営から、彼女の負傷の程度に関する公式の声明はありませんでした。そのため、以前考えられていたよりも深刻である可能性があると考える人もいました。綿密な検査の公式映像はまた、それが単なる脱臼以上のものであることを確認しており、マテックサンズが目に見えてどれほどの痛みを感じていたかによっても示されています。

これはキャリアの終わりですか?

その質問への答えは多分、多分そうではないでしょう。 Mattek-Sandsは、周りで最も適したテニスプレーヤーの1人です。結局、彼女はダブルスで世界1位ですが、32歳で、回復の点ではまだ比較的若いです。

とはいえ、これは非常に複雑な傷害であり、術後の回復、リハビリテーション、理学療法の観点からは最大1年かかる可能性があります。疼痛管理は、おそらくマテックサンズの手術後の最初のポイントになるでしょう。これについては、これまでのところコメントはありません。

スケート靴とテニスシューズ

マテック・サンズのライバルであるチルステアとアメリカ人のパートナーであるルーシー・サファロワの両方が怪我を見て法廷で泣いていたことからの反応の程度も、それが非常に深刻であることを示しています。

メアリーピエルスの色合い



事件が起こったときに試合についてコメントしていたフランスのエース、メアリー・ピエルスはショックで反応しました–そして彼女はそれがどんな感じかを正確によく知っています。わずか1年前、当時32歳だったマテックサンズと同じ年齢のゼネラリレディースリンツで、ベラズボナレバが足にひどく着地したとき、6-4、6-5でトリプルマッチポイントを獲得しました。そして彼女のACLを引き裂いた。

その際にピアスを最初に助けたのは、実際、医療チームが法廷に出たときにライバルの膝に保冷剤を持っていたズボナレバでした。フランスの選手はまだ引退する準備ができていないと言ったが、彼女は2007年に出場し、2008年シーズンに復帰しようとしたが実を結ばなかった。

2度のグランドスラム優勝者であり、かつての世界第3位のピアスは、それ以来、解説サーキットの常連となっています。

彼女の怪我は、彼らがそうであったように、マテックサンドが現在苦しんでいるほど深刻ではないように見えたので、まだ彼女の帰国を推測するのは不公平でしょう。

人気の問題

ピート・サンプラスはオープン時代で最も完全な選手と見なされており、時には芝生のコートで無敵でした。サンプラスはウィンブルドンで7回優勝し(オープン時代の記録)、ウィンブルドンの歴史の中で間違いなく最も支配的な選手でした。サンプラスはウィンブルドンで63勝、7敗という素晴らしい記録を残しました。

今日のナダル対ティアフォの準々決勝戦について知っておくべきことすべて。

ケーブルをお持ちでない場合は、2020年のエミー賞のライブストリームをオンラインで無料で視聴する方法をご覧ください。

AFCでNo.1シードを獲得するために、レイヴンズはブラウンズサンデーに出場します。ケーブルなしでオンラインでゲームをライブで視聴する方法は次のとおりです。